> > 「こんな良い商品、わたしも販売できるようになりたい」そういってもらえる販売の仕事ってなんだろう?

「こんな良い商品、わたしも販売できるようになりたい」そういってもらえる販売の仕事ってなんだろう?

2016年11月21日

連休ってすばらしい

会社員は基本、土日・祝日が休み。そのときは休みを調整してどこかに出かけるという感覚がなくって、自分の休みの日のどこかに出かけよう。そんな風に思っていた。

 

だからそのときは、3連休が連休だったわけで、2日間の続けた休みというのは毎週あるごく当たり前の休みなだけだったんだよなあ・・・ま、当たり前ですけど。

今は2日間でも「連休感」が半端なくある。身体を休めることができるしリフレッシュできる気がする。3連休があるとしたら、それはもう年末年始か、地方に用事があって出かけるときか、それくらいなので、用事のために「休みを調整する」という感覚。

結局、仕事のような遊びを目指すわたしにとっては、遊ぶように働いているんだと思う

 

【歳を重ねるごとにキツくなる販売の仕事を選んでる】

日々のわたしの仕事。コスメ販売は、週の間に1日休みを入れることが必要になってきます。
毎日、違う店舗でその場で売り上げを作っていくというのは、実際には、とっても頭を使うことだったりするし、立ちっぱなしで動いているので体力も使う。

 img_6587
毎日違う店舗。たくさん商品がある中で選んでもらう

 

だから、3日以上の連続で販売の仕事をするのは、体力的にも気力的にもキツイ。
そういう理由で、週の半ばに1日お休みを作るか、ちょっと中休みをできる仕事を入れるか、どちらかという選択になります。その方が結局は効率的になる。

 

今になって思うのは、毎日同じオフィスでパソコンの前に向かう仕事をしていたときとは全然比較にならないくらい、自分の能力がためされ・体調管理にも気を使うようになった

 

たとえば一般的な世間の価値観で物事を考えてみたとき。
「稼ぎがどのくらいあるのか?」ということを重視するのであれば、よっぽどの変わり者でない限りはオフィスで毎日はたらいたほうが気楽に働けるのではないか? そう思う。

それなのに、歳を重ねるごとにキツくなるこの仕事を選んでいま、わたしはいます

 

 

【「楽しい」が原動力になり魅力を感じてもらえるようになった】

最近、よくお客さまに言ってもらえるようになったこと

こんなに楽しい仕事ならわたしもやってみたい
こんな良い商品、わたしも販売できるようになりたい
今の会社の人間関係が自分に合わないから本当は藍さんみたいに仕事したい

そういう風に言ってもらえることが多くなり、とっても嬉しく感じています。
もっともっとキレイな人が増えるためには、そうやって同じ思いで仕事してくれる人が増えて欲しいな〜〜。。この仕事をする人がもっと増えたら、もっと早く健康なお肌の人が増えるかもしれない。

 

ただ、今の時代「売れる法則」なんてものが通用しなくなっているモノを売る現場の中で「やりたい」だけでその仕事ができるのだろうか?

毎日毎日、誰も知らない1万円するファンデーションを販売する。こんな風に、個人事業主のような一人でやるコスメ販売の仕事を毎日できる人というのはどんな人なのか?

そういう風にも感じます。(いや、自分を置いておくとして)

img_6588

 

 

体力も気力も使うし、売れなかったら通用しない世界。
「売れる法則」というものが無くなり、どんどん変化するモノを売る現場

それを日々感じているわたしとしては、なぜお客さまが「藍さんみたいな仕事をしたい」と言ってくれるのか?それを疑問に思ってみた。

きっとそこには「楽しい」があるからで、単純なことだと思う。

 

販売をしている人のありがちな言葉の中に
月曜日は人が少ないから・・・
近くに大きなショッピングモールができたから・・・
景気が悪くて買い控えしているから・・・

そういう会話が日常になり、逆に売れない理由をみつけることに時間を使っているんじゃないか?

 

月曜日だって、近くに大型商業施設ができたって、わたしは誰もきいたことないメーカーのお化粧品を紹介している。それは「〜しなければならない」のでも「〜すべき」なのでもなく、ただ目の前の仕事を楽しみ、目の前の人に楽しんでもらおうとしているだけで、それ以上もそれ以下もないんだと思う。


自分が楽しむために、新しい出会いや情報にワクワクしていたい。
「今の販売の仕事がなくなったら自分は何をしよう?」と考えてみたり。
美しい人を増やすためには今の時代、どんなやり方が一番合っているかしら?

そういう努力を続けるだけなのかも知れない。
簡単じゃない。確かに簡単じゃない。毎日どんな日も「売れない理由」ではなく「楽しむ」ことが必要になるのだから。

毎日SNSで顔を出し、近況をお客さまに伝えたり、ブログを書いたりしても、毎日反応してくれるわけじゃないし、たまにめげてやめちゃいたくなる。

常に変わるスピードの中で、お客さまを飽きさせないように、かつ自分自身が進化・成長していくことができる仕事。時間はかかるとしても結局はそれがやりたくってしているんだと思う。

 

 

 

★facebook友達申請orフォローしてね!
※メッセージひとこといただいてから申請をお願いいたします
https://www.facebook.com/ai0501.miyashita
★twitterフォローしてね! https://twitter.com/amiyashita0501h

★オーガニック&ナチュラルを超えるコスメ専門店 http://iyashi-bi-cosme.com/

★宮下藍11月の入店日程(実演販売)
21(月)東京(東急ハンズ大丸東京店9階)11:00−19:00
22(火)池袋(東急ハンズ3階)11:00−19:00
23(祝)中野(ハンズビー中野丸井3階)11:00−19:00
25(金)東武池袋(ハンズビー東武池袋B1)11:00−19:00
28(月)越谷レイクタウン(mori2階イオンボディ)11:00−19:00
29(火)東京(東急ハンズ大丸東京店9階)11:00−19:00
30(水)東武池袋(ハンズビー東武池袋B1)11:00−19:00

ナチュラルを超えるコスメとは?カテゴリ 最新記事

mysterytop

ブログを移転します

前回の記事でもお知らせしましたが、ブログを移転します。 新しいブログは、以下より。   ↑ 画像をクリックする
IMG_1706

自分の商品が好きすぎたーーー!! ーお客さんと接するときにはもっと自由に楽しくいらるように

10月5日より、このブログを移転します。 ずっと考えてきたことなんですけど、もうちょっと違う視点で書いてみたいな、と。。
IMG_1489

嫌われること、離れていく人にどんな感覚を持つのか? ー嫌われることは後回しにすると応援してくれる人も出てくる!なんて世界は素晴らしい❤️

化粧品の販売だけやっていればいいのに、何で色々やってるの? もっと柔軟にいろんな人に化粧品をアピールすれば売れると思うよ

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.