> ナチュラルを超えるコスメとは?

使う原料は、長年使用して安全性やアレルギーリスクの有無が確認できているものだけを用いています。たとえ無農薬栽培、オーガニック認証品であっても、長期間お肌に付けていて安全性が明らかでないものはむやみに原料に取り入れません。そのため鉱物油や界面活性剤(植物性乳化剤含む)はもちろん無添加。その他、多くの植物エキスや沈着性色素、過酸化脂質の使用を避けて使用しています。

17888838_1099626400143621_578603626_n-2

ほおにシミができたのはチークが原因かもしれない。気づいてない?チークよりツヤが若々しさの秘訣だっていうこと

2017年4月18日

チーク(ほお紅)を塗らないと顔色悪くみえるし、塗ってきたことでシミが浮いて出てきた 若い頃にチークを毎日つけていると、30代になるとどうしてもシミや色素沈着が出てきます。 これは、材料が沈着しやすい色素を使っていたりする …

IMG_8866

なんでも本質を考えてみるとシンプルになる ー美白って?シミって?その本質を考えよう

2017年4月7日

だいぶあったかくなってますが、風が強いし身体は疲れやすいですね。 今日は池袋の東武百貨店(地下1階ハンズビー)でコスメ販売のお仕事してます。 ポイント5倍が終わったのでゆっくりお仕事(接客)できてます   最近 …

DSC00663

日焼け止めは何のために使うの?? ー健康な肌にしたいはずがそうじゃなくなる不安でいっぱい!

2017年3月28日

そろそろ日差しが強くなってきたし、日焼け止めを塗らなきゃ! そんな人の気持ちは、お店なんかでも触発されます。 日焼け止め乳液、スプレー、ジェル、クリーム、ローション ※ジェルについての記事は→こちら さまざまな日焼け止め …

IMG_7857

【単発受講のご案内】宮下藍の美肌塾 1回完結コースのご案内

2017年3月24日

  宮下藍の美肌塾 1回完結コース 今年からはじまった、わたしの主催する美肌塾ですが、いろいろ試行錯誤して、ちょっとパワーアップしていこうと思っています。 「受講したいけれど仕事の都合で参加できない」 「地方だ …

img_6473

これから人の肌はどんな風になっていくのだろうか? ー知るためにも参加しようぷるるんセミナー

2017年3月18日

これから、人の肌はどんな風になっていくのだろうか? それを考えてみると、わたし自身の今後の働き方が変わってきます。 わたしが子どものころ(20年前)よりも確実に、肌が弱い人が増えているように感じる。 ある日とつぜん、敏感 …

2015.5.31-lavender2

毛穴が気になる季節。化粧水をたくさんつけても毛穴が気になっちゃう理由

2017年3月11日

お化粧水にグリセリンを添加しないのは、毛穴を広げるからです 販売の現場ではそういう風にいうことがあります。   化粧水の保湿成分・グリセリンが毛穴を広げる 肌の乾燥がすすむ 化粧品の成分については、諸説あり「適 …

savonp2

ほっぺが赤くなる、肌がザラザラする。春のこんな症状のときのケア方法は?

2017年3月8日

おはようございます。宮下藍です。 自分のアトピー体験と2万人の肌診断の経験から、健康で美しい素肌づくりのお手伝いができるよう日々、女性の心とお肌に向き合っています。   今の季節に多い症状で、 なんか肌がザラザ …

lesson_1

皮膚細胞が元気になると美しくなるように、シンプルに考えてみる

2017年3月7日

皮膚細胞が元気になるとは、どういうことなんだろう?   こんな話を、昨日、カヤヌマ社長と話していて、すごく刺激を受けました。 皮膚細胞を壊さないシンプルケア こういう想いで商品作りをすることって、どれだけの苦労 …

IMG_8434

春の不調はどうやって乗り切る??ー肌と「ソウルメイト」と「ソウル」を感じてみる

2017年3月6日

春になると、疲れやすい・ダルいっていう症状に悩まされます。 わたしもきょ弱体質なので、昔から春が一番苦手だった。 特に、中学・高校のころは、春になると学校に行くのが憂鬱だったし、大学生になったら春にアトピーが必ず勃発。と …

IMG_8367

「困る人」にたまーに出会うことがある。 でも、きっとそれだけのこと。

2017年3月2日

コスメ販売員という、わたしの仕事はしばしば、対応に困る人に出会うことがあります コスメ販売員だけじゃなく、どんな仕事・どんな習い事でもコミュニケーションというのは欠かせないわけで、共通点はあると思う。   たと …

1 / 2512345...1020...最後 »